« 第1回:まず静音とは | トップページ | 第3回:静音に熱はつきもの »

2006年1月16日 (月)

第2回:どこからどこまでが五月蝿く感じるか

さて、どこからどこまでが五月蝿く感じるかですが・・・

正直音の感じ方には個人差がありますので何とも言えないんですよね。自分が静かだと思っていても別の人は五月蝿いと感じたりしますよね。ただ、絶対に五月蝿くないレベルの音っていうのはあります。

「無音」です。

数値で表すと0dBですね。ただ、パソコンでこの数値をはじき出そうとしたらどうやってもどうあがいても無理です。

なので一般的に五月蝿くない、静かだと判断される15dB以下のパソコンを作ってみました。今弊社で販売している「SuperSilentシリーズ」です。完全ファンレスですのでファンは1つもついていません。気になるのはHDDのアクセス音が少し聞こえるくらいです。

さて、本題に戻りましょう。

では、メーカー製パソコンや自作PCで静音パソコンを作るのは無理なのか。そんな事はありません。作れます。(独自規格の電源やファンなどを使用してる場合は難しいですよ)

その作り方は順に説明していきたいと思います。

大きく分類して5つほどあります。

1.CPUFANを交換する。

2.ケースFANを交換する。

3.ビデオカードのファンを交換する。

4.電源ユニットを交換する。

5.吸音・静音シートを取り付ける。

これらを交換・追加することによってかなり静音化できるはずです。よく静音について個人でWebを作って公開されていらっしゃる方がいらっしゃいますが、色々と勉強されてたり加工されたりしてすごいなと思います。しかし、ここで説明する方法はあくまで初心者の方でもちょっと勉強すれば、ちょっと自分でいじってみれば出来ることを前提に考えていますので安心して(?)ご覧下さい。

次回は「静音に熱はつきもの」です。

|

« 第1回:まず静音とは | トップページ | 第3回:静音に熱はつきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27913/367983

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回:どこからどこまでが五月蝿く感じるか:

« 第1回:まず静音とは | トップページ | 第3回:静音に熱はつきもの »