« 第2回:どこからどこまでが五月蝿く感じるか | トップページ | 第4回:静音CPUFANに交換してみよう »

2006年1月19日 (木)

第3回:静音に熱はつきもの

PCパーツというのは兎角熱を持ちやすいものです。

どうやって熱を逃がしてやるか、熱を冷やすのかという所に通常は重点を置くべきですね。ただ、静音の場合はちょっとだけ違います。熱も逃がしますし冷やさなければならないのは同じなのですが、いかにして効率的に熱を逃がすか。いかにしてファンを使わずに熱を冷ますのか、こういう所がポイントとなります。

通常、PCケースの電源ユニットファンは電源ユニット内部の熱を逃がすために付属しているものでした。それが、スペックの向上などで大量の熱が発生するようになると、電源ユニット内部の熱だけでなくPCケース全体の熱、特に「CPU」の熱を逃がす為に大口径のファンが搭載された商品が出てくるようになりました。最近の電源ユニットを見てもらえれば一目瞭然ですね。

Photo03

写真はabee社のSR-1450Aです。

さて、なぜ「CPU」の熱を逃がすために電源ユニットのファンを大きくする必要があったのでしょうか?それは物理などで習った方もいらっしゃるかも知れませんが、基本的に熱(熱い空気)は上昇するからですね。だからCPUの上に取り付けられている電源ユニットのファンで熱を吸い込んで外に排出するように考えられた訳です。

そして、熱を発生するパーツと言えばビデオカードですね。ほとんどのビデオカードにはファンが取り付けられています。それだけ熱が発生する訳ですが、なぜか下向きですね、取り付けると。上に向ければいいのにと私は思ってしまいますが、上に向けるとマザーボードのチップやCPUがある為に熱がもっと篭りやすくなります。その為に最近のPCケースの側面にはビデオカードの熱を逃がすために小さい穴がいくつかあいています。メッシュみたいになってますよね。そこから逃がすように考えられています。

そして忘れがちなのがハードディスク。ハードディスクで一番熱くなる場所をご存知ですか?それは表面でもなく基盤でもないんです。なぜか側面が一番熱くなります。そういう構造なのでしょう。確かに側面が熱くなればケースに熱が伝わって逃げやすくなると思いますね。ケース全体が熱くなるということは普通はありませんから。

静音化をするにあたって熱との戦いは避けることの出来ない戦いなのです。どうやってこの問題をクリアしていくのか。この問題をクリアできれば静音化の道は開けたも同然です。

どうでしょう?静音化をする前にある程度の知識は得られましたでしょうか?すべてが正しい訳ではないと思いますが実体験に基づいて書いているので大きく違うところはないと思います。是非参考にしてくださいね。

さて、次回はやっとパーツ編。

「静音CPUFANに交換してみよう」です。オススメパーツもご一緒にご紹介します。

|

« 第2回:どこからどこまでが五月蝿く感じるか | トップページ | 第4回:静音CPUFANに交換してみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27913/408882

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回:静音に熱はつきもの:

« 第2回:どこからどこまでが五月蝿く感じるか | トップページ | 第4回:静音CPUFANに交換してみよう »