« 2006年1月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年2月 2日 (木)

第4回:静音CPUFANに交換してみよう

お待たせしました。

前回の更新より少し時間が開いてしまいましたね。

さて今回は静音CPUFANに交換してみようということなのですが、一体どれが静音でどれが静音でないのかという違いをはっきりさせなければなりません。

で、簡単な見分け方を・・・

1.搭載されているFANの回転数が3000rpm以下であること

2.ヒートパイプ技術が使われていること

3.ヒートシンク部分若しくはヒートシンク底面には銅が使用されていること。

この辺りをチェックすればおのずとどれが静かなのかな?という区別を付けやすいかと思います。

弊社で取り扱いがあるもので見てみると・・・

Aerocool HT-102

Arcticcooling Freezer64 Pro

Arcticcooling Freezer7 Pro

CoolerMaster Hyper48

CoolerMaster Hyper6+

CoolerMaster HyperL3

Coolink U8-92-1900

Coolink U8-120-1600

サイズ SAMURAI-Z

サイズ NINJA PLUS

サイズ 鎌鉾Z

サイズ 刀

ThermalLight XP-90C

XINRUILIAN Gazelle

全部で14種類です。ただ、上記の条件に当てはまらないからといって冷えない訳ではありませんのであしからず。あくまで簡単に見分ける方法です。

この中で取り付けが簡単なのはサイズの「SAMURAI-Z」です。詳細はメーカーさんのWebを見てもらえればわかりますが、マザーボードのバックパネルを付け替える必要もなくクリップで止めるだけです。冷却性能と静音性も申し分ありません。

もう一つオススメしたいのはCoolinkのU8-92-1900U8-120-1600です。取り付けは少々面倒くさいですが、大きなフィンとヒートパイプで熱を効率的に移動しており、これはあまり知られていませんが付属しているFANは風量もかなりありますし、しかも静かです。ファンコンも付属しているのですが、取り外しが出来るので使わない人や別のファンコンに繋ぐ場合はかなり便利です。オススメの一品です。

S_z サイズ SAMURAI-Z

20051023233806f Coolink U8-92-1900

20051023234832f Coolink U8-120-1600

基本的に取り付ける場合は大概のマザーボードに設置可能ではありますが、マザーボードのチップセットヒートシンク(FAN)の位置やメモリスロットに干渉しないか予め物差しなどで計測しておいた方がいいと思います。買ってみたはいいけれど取り付けられなかったなんて事にならないように・・・。

弊社にご連絡いただいてももちろんお調べさせて頂きます。「○○というマザーボードに取り付けたいんだけど可能か?」みたいな感じでどうぞ。分かる範囲でお答えさせて頂きます。

SAMURAI-Zを実際にマザーボードに取り付けた画像をご覧ください。大体のイメージが分かるかと思います。

Smz_11

簡単そうでしょ?

難しくはないですから、一度試されてはいかがでしょうか?

次回は「静音ケースFANに交換してみよう」です。

| | コメント (24) | トラックバック (37)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年9月 »